2011年11月08日

腸と免疫1

腸と免疫は密接に関係しています。

小腸や虫垂に多くのリンパ小節があるからです。

リンパ小節では、抗体やリンパ球を生産しており、身体を守っています。

テニスコート1面分の大きさがある中に、腸内細菌が約2kg住み着いています。

この腸内細菌は、悪玉菌と善玉菌がいますが、腸内環境が悪い人の場合、

悪玉菌の割合が多くなっています。

そうなれば、リンパの働きも上手くいかず、悪玉菌が出ず毒素などで

さらに、身体の中は毒素だらけになっていきます。

腸に炎症があると、身体の他の部分にも炎症が起きやすくなり、

リウマチ・膠原病・橋本病なども関係しているといわれています。

ですので、身体の健康を考えるには、まずは腸の状態を良くしないといけません。

腸を悪くする食事、良くする食事については、また次回お伝えします。
posted by clearbody at 21:53| 健康