2012年01月24日

風邪と抗生物質

腸内環境を悪化させる要因として、抗生物質の服用があります。

抗生物質を飲んだあとに、お腹の調子が悪くなった経験がある人も多いと思いますが、

それは、抗生物質が腸内の細菌も殺してしまい、腸内細菌のバランスが崩れた為に起こります。

日本では風邪を引くと、抗生物質がすぐに処方されますが、

風邪はほとんどがウイルスの感染で起こるため、風邪そのものには抗生物質は効果がありません。

抗生物質は細菌には効果あるのですが、ウイルスには効果がないのは常識ですね。

抗生物質を服用すると、抗生物質が効かない細菌が増えることにもなりますし、

腸内環境が崩れる事により、免疫力も下がります。

風邪を引く

抗生物質を飲む

腸内環境が悪化

免疫力下がる

また風邪を引く

なかなか治らない

という事を繰り返している人がよくいます。

そもそも風邪は身体がウイルスと戦っている状態の事なので、

風邪を薬で治すということ事態が間違いで、風邪そのものが治癒の過程であります。

よって風邪を引いたら休養をとっていれば、薬の必要は全くないと思います。

整体では大病の前には

風邪を引かなくなると言われています。

風邪自体が身体を調整する働きなので、その働きが衰えているということです。

風邪は食べ過ぎや疲労で腸内環境が悪くなり、免疫力が下がった時に引くので、

腸内環境に優しいものを食べゆっくり休みましょう。

腸内環境に関してはこちらを参考に!
posted by clearbody at 22:09| 健康

2012年01月20日

脂肪

脂肪と聞くとたいがいの方は、身体に悪いというイメージしか無いのではないでしょうか?

脂肪を摂取すると太り、コレステロール値が上がると思っている方が多いと思います。

しかし、脂肪は人体にとって、非常に重要な物質です。

必須脂肪酸と言われていることからも、身体に必ず必要な物質ということです。

脂質には、オメガ3,オメガ6,オメガ9、中鎖脂肪酸、という分類があり、

オメガ3と6を2対1の割合で摂取するのが良いとされていますが、

多くの人は、オメガ3が不足しがちになっています。

(オメガ6は比較的色々な食品に含まれているため)

そのためオメガ3を意図的に多くとることをオススメします。

オメガ3は、亜麻仁油、エゴマ油、グリーンナッツオイルに多く含まれています。

脂質は、肌の弾力や状態、細胞内のエネルギーレベルの亢進、

脳の機能の正常化、ホルモンの生成、血管の弾力などを助けます。

ですので、

・アトピー性皮膚炎の方には、皮膚の炎症を抑え、皮膚の生成を促し、アレルギーを抑制する働き

・ダイエットしている方には、代謝が上がり、体内の脂肪を燃焼させる

・うつ病の方には、脳の状態を正常にし、またセロトニンなどの脳内伝達物質の原料となるため、精神状態が安定するようになります。

・便秘の人には、昔亜麻仁油は下剤として使われていたように、便をやわらかくする作用と、腸の働きを助ける作用があります。

・スポーツをしている方は、筋の持久力を高め、また筋出力もあがり、ホルモンの生成が良くなることにより、筋肉量アップにもなります。

もちろん脳の状態が良くなるので、反射神経、バランス感覚なども向上すると思います。

良質の必須脂肪酸には、このような作用があるので、普段の食事にサプリメントや加熱しない生の状態で摂取すると良いです。

それだけでも、栄養面での質があがり、体調の回復や健康増進に役立つものと思います。
posted by clearbody at 23:23| 日記

2012年01月01日

謹賀新年

明けましておめでとうございます。


本年も心身共に研鑽を積み、より高いレベルでの

調整が出来るようにしていきたいと思います。


また家庭で行う自然療法なども広めていきたいと思います。


本年も宜しくお願いいたします。



posted by clearbody at 21:20| 日記